9.18.2006

телефон/でんわ

Сегодня изменил вариант оплаты мобильного телефона подходящее мне.

携帯の料金プランを変えてきました。

У меня три телефона: один ─ домашний, другой ─ IP, и третий ─ мобильный. Могут бы спросить, для чего тебе нужно так много линий. Я тоже так думаю. Когда переехал в Киото во второй раз, купил мобильник. Вскоре провел телефон от моего имени, чтобы связываться с интернетом. Учитывая звонить кому-то в России, заказал у провайдера и IP. Но, теперь для сообщения часто пользуюсь почтой или skype, поэтому, к сожалению, телефоны у меня очень спокойны...

 うちには3つ電話番号があります。一般電話、IP、携帯です。そない沢山要んの、という声が聞こえてきそうですね〜。僕もそう思います。京都への2度目の引越しに合わせて携帯を買いました。その後間もなく自分の名義で電話を引いたのはインターネットへの接続のためです。ロシアへ電話することも考慮して、プロバイダにIP電話も頼みました。ああそれなのにそれなのに、今や連絡によく使うのはメールとスカイプなので、うちの電話はとっても静かです…

«Мне не очень ясна», ─ говорит моя сестра, ─ «что он (мобильник) такой: телефон, фотоаппарат, кошелек или журнал?». Правильно, что он удобный и загадочный.

 妹曰く、「(携帯は)電話か、カメラか財布なのか、はたまた雑誌なのかよく判らないもの」だそうです。便利ですが確かに変ではあります。

////////////////////

元祖・ものおもうねこの更新を再開しました。こちらはロシア語抜きでやってます。

5 件のコメント:

さとう好明 さんのコメント...

 ブログへのコメント(ナスレヂーン)ありがとうございます。このとんち話はトルコにもあり、10年前イスタンブールに家族旅行した時に、日本語で売っていたので買いました。一休さんのようなものです。

さて、コメントですが、

1)電話番号
 телефонだけで電話番号という意味がありますからтри телефонаでよいと思います。

2)лучшее
 лучшееはおかしいでしょう。「〜と言った方がより適切か?」という意味でしょうから、может, лучше сказатьぐらいでしょう。このможет = может бытьで口語表現です。ロシア語にする場合、「一般電話」と言うよりは「自宅の電話(домашний телефон)」でよいと思います。один у меня домашний, другой - IP и третий – мобильный.という風に。

3)линии
 линийのスペルミスです。

4)Я сам тоже согласен.
 これもおかしい文章です。「何のためにそんなに回線が要るのか」と尋ねられたらという意味で、仮定法を使うべきです。というのはだれも訊いていないからです。Я сам был бы согласен. とすると前の文章と論理的につながらない。なぜなら要らないという意味なのか、単なる質問なのか分からないからです。日本語テキスト通り訳せば、Я бы думал, (что) нет.(要らないと思う)

5)e-mail связываюсь
 Я пользуюсь (электронной) почтой с семьей ...でないと文法的におかしい。「メールで」はпо почтеです。
 e-mailは他にи-мейл, мыло, емеляと言い、後の二つは若者が使う表現で、音が似ているので使われるようです。емеляはЕмеляという民話の主人公から取ったものです。使い方は

Я тебе фотку мылом могу кинуть, если хочешь.
(欲しけりゃメールで写真流してやるよ)
Я отправил по емеле информацию.
(メールで情報流した)
Емелю тебе кину.
(メールを流す)

*Фотка = фотография

などです。

 流すというのは日本の商社やメーカーの営業では、「送信する」という意味の隠語です。

6)сообщение писем
 5)に書いた通りで、письмаはメールという意味では使いません。メールでの交信はпереписка по почтеでよいと思います。

7)звонки
 по телефонуを付けないとおかしいと思います。

8)料金プラン
 これは支払いプランということでしょうから、план оплаты, план платежаですが、これでは直訳的で、個人的にはвариант оплаты (платежа)がよりロシア語らしいと思います。

9)сказала
 これは文法的には間違いではないのですが、このように眼前で話されているかのような生き生きとした表現には不完了体の現在(文法用語では歴史的現在と言います)を用いるべきです。小話でも多用されている用法です。つまり говорит сестраとすべきです。

10)Что он такой (スペルはфотоаппаратが正しい)
 журналの後に?を入れた方がいいと思います。странныйよりはзагадочныйの方が適切ではないですか?

以上  さとう

コーシカ さんのコメント...

さとうさんから頂いたコメントを参考に書き直しました。いつもありがとうございます。

・自分で書いてて微妙な表現
С переездом в Киото, имею ...

 あるいは「после/с переездаとすべきです」と再度ご指摘を受けるかも…

/////////////////////

以下に元の投稿を残しておきます。

9月18日
телефон/でんわ

У меня три номера телефона: обычного (лучшее домашного ...?), IP и мобильного. Могут спросить, для чего тебе нужно так много линии. Я сам тоже согласен, ведь вообще только e-mail связываюсь с семьей, друзьями, и знакомыми. Действительно, мой мобильный телефон используется чаще для сообщения писем, чем звонки.
Итак, сегодня изменил план платы подходящее мне.

 うちには3つ電話番号があります。一般電話、IP、携帯です。そない沢山要るの、という声が聞こえてきそうですね〜僕もそう思うのです。家族や友人、知人との連絡はほとんどメールで事足りてますから。実際、携帯電話はメールのやり取りの方が通話での利用を上回ってます。
 というわけで、今日は料金プランを自分に合ったものに変えてきました。

«Мне не понятно» ─ сказала моя сестра, ─ «что он (мобильный телефон) такой: телефон, фотоаппрат, кошелек или журнал». Правильно, что он удобный и странный.

 妹曰く、「(携帯は)電話か、カメラか財布なのか、はたまた雑誌なのかよく判らないもの」だそうです。便利ですが確かに変ではあります。

さとう好明 さんのコメント...

コメントのコメント

1)имею мобильный телефон
 これは非常におかしい文章です。訳すと「携帯を持っている」という風にしかなりません。完了体の結果の存続の使い方を知らないからだと思います。ここはЯ купил мобильник. あるいはЯ приобрел мобильный телефон.とすべきです。これなら「買って、そのまま持っている」というニュアンスが出ます。
 (全部の完了体はとは言いませんが)完了体の基本的な意味は、動作が完了して、その状態が続いていることを指します。例えば、Я покупал/приобретал мобильник.とすれば「携帯を買った(だけど今持っているかどうかは分からない。なくしたかもしれないし、話者にとってはそれはどうでもよいことだというニュアンスがあります)」。
 иметьは状態を示す不完了体なので、「引越しとともに持つようになりました」というような動作を示す用法はありません。俗語でзаиметьという単語もありますが、これはセックスするという意味で用いるのが普通です。заиметь женщину.

2)с переездом
 文法的には問題ありませんが、硬い感じがします。私なら素直にКогда я переехал в Киото во второй раз,にしておきます。

3)не то ...... не то
 илиに近い意味ですが不定のニュアンスがあります。не тоで4つの単語に使えるか分かりませんので同義句のто лиも使ってみました。мобильникとしているのは、すぐтелефонが出てくるためです。
Мне не очень ясен мобильник – это не то телефон, не то фотоаппарат, может, то ли кошелек , то ли журнал.

以上 さとう

コーシカ さんのコメント...

さとうさん、修正コメントありがとうございます。意外な所を指摘して下さったので目を丸くしております。もっとも分らないからこそ間違うのでしょうけど…

>e-mailは他にи-мейл, мыло, емеляと言い、
 「ы」の音はロシア人にとっても「エ」と似ているんですね。以前シベリア抑留を体験なさったお年寄りから今も覚えているロシア語の表現を伺ったところ、「ベストラ、ダワイ!」と急かされたものだ、そう仰っていたのを思い出しました。

>メールでの交信はпереписка по почтеでよいと思います。
 なるほど、お手紙のやり取りに見立てるわけですね:なにせ「メール」ですから。文字にこだわらない「やりとり」という感じを残したかったのでсообщениеのままです(けどニュースでよお聞くいうことは硬いめの言い回しなんやろなぁ)。
 вообщеは「…ああぷししえ」2連発がうっとおしかったのでお引き取り願いました。代わりにпочтиを復活させようとすると今度はпочтаがポチッとな…困ったものです。

>купил ... あるいはЯ приобрел... とすべき
 このふたつは僕も思いつきました。前者は「自分名義で電話の権利を買う」という文で使う予定だったので温存され、後者は硬そうだということで没になりました。
 完了体の意味についてもご説明ありがとうございます:東京で伺ったお話を思い出しました。ロシア語における時の感覚。これも取り組みがいのあるテーマですね。読む時にこの面も意識してみます。

>заиметь
 иметь дело с кемは知ってましたが、こういう語もあるんですね(いや、これは単に「関わりを持つ」かもしれんな…)。改めて辞書を見るとиметьもそういう意味合いで使えると知りました。ありがとうございます。

>私なら素直に…
 あぁ、こちらなら耳だけでも解りますね。ことばは通じてなんぼ。気を付けたいと思います。

>не то ... не то ...
(この表現を応用可能かどうかについてメールでお尋ねして頂いた解答です ─ コーシカ)
 ご説明に応用例まで、ありがとうございます。使えなくはないけど…という感じですね。то лиは初めて知りました。これから出会いそうな表現なので勉強になりました。

メイ さんのコメント...

お久しぶりです。メイです。先日КОШКАさんからここで一緒に勉強してもいいよというコメントをいただいたのをいいことにあれ以来ずうずうしく本当に時々立寄らせていただいてロムっておりました。それにしてもКОШКАさん、話題が豊富なのでいろんな分野の単語や構文が覚えられますね~。とくに私は和文露訳が大の苦手なので大いに助かっております。(⌒∧⌒)
携帯電話…人に言わせると私のは携帯ではなく、不携帯だそうです。常時バイブレーターになっていて、バッグのどこかにあって、受けてもほとんど気づかず、その時の気分で、たま~に取り出します。皆さん、半分はあきらめながら電話やメールをくれてるんだと思います。でも、いただいたら一応返しておりますので。念のため。ヽ(´▽`)ノ